印刷
    文字サイズ

情報開示の基本方針

当社は、会社法、金融商品取引法、その他の諸法令及び東京証券取引所の定める上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」といいます。)に従って情報開示を行います。投資判断に影響を与える決定事実、発生事実が生じた場合には、適時開示規則に従って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない場合でも、投資判断等で有益と思われる情報につきましても開示いたします。

フェア・ディスクロージャーへの取り組みについて

当社は、フェア・ディスクロージャー・ルールを遵守し、投資判断に重要な影響を与える未公開の重要情報を管理し、社外に伝達を行う場合は、一部の取引関係者だけへの開示とならないよう配慮し、公平な情報開示に努めます。

情報開示の方法

当社は、金融商品取引法などに基づく情報開示は、金融庁の提供する「EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム)」を用いて開示します。
適時開示規則に該当する情報開示は、東京証券取引所の提供する「TDnet(Timely Disclosure network:適時開示情報伝達システム)」にて開示します。
また、その他の重要な情報についても、適宜TDnetを用いて行うとともに、速やかに当社ウェブサイトにて開示するよう努めます。

インサイダー取引の未然防止

当社は、インサイダー取引の未然防止を図るため、重要情報の適切な管理および株式の売買など、遵守すべき事項を社内規程に定め、当社グループ全体への周知徹底と理解啓蒙に努めます。

業績予想及び将来情報の取扱い

当社が開示する業績予想、戦略、方針、目標等のうち、歴史的事実ではないものは将来の見通しに関する記述であり、これらは、当社がその時点で入手している情報及び合理的であると判断される一定の前提に基づく計画、期待及び判断を根拠としており、実際の業績等は様々なリスクや不確定要因により大きく異なる可能性があります。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩防止および公平性の確保のため、各四半期末日の翌日から決算発表までを沈黙期間とし、当該期間においては、既に公表されている情報に関するものを除き、決算に関するコメントや質問等への回答を控えることとしております。なお、沈黙期間中であっても、諸法令または適時開示規則に該当する情報は、適時・適切に開示いたします。

IR活動のスポークスパーソン

当社が実施するIR活動は、情報の正確性や開示の公平性を確保するために、代表取締役社長およびIR業務を担当する役職員を投資家の皆様とのコミュニケーションにあたるスポークスパーソンとして指定します。開示内容の一貫性と選択的開示の回避を確保するため、これら以外の役職員は原則として投資家の皆様とのコミュニケーションは行いませんが、これを行う場合には、都度スポークスパーソンが認める範囲内において行うこととします。

IRに関する活動状況

個人投資家向けに定期的説明会を開催 個人投資家向け説明会の実施及び証券会社が主催するIRフェア等のイベントに参加しております。
アナリスト・機関投資家向けに定期的説明会を開催 第2四半期決算及び通期の決算説明会を定期的に開催することに加え、機関投資家への訪問及び個別取材にも対応しております。
IR資料のホームページ掲載 当社のホームページ内にIR専用のサイトを開設し、掲載しております。
IRに関する部署(担当者)の設置 IR戦略推進室を設置しております。

適時開示体制の概要(模式図)