成長戦略

コプロ成長戦略

主力事業である
建設技術者派遣事業の拡充

当社グループは、スーパーゼネコンを中心とした企業への営業を徹底して強化しており、経験者のみにとどまらす、初期教育を施した新卒及び中途(未経験者)社員を継続的に派遣することにより、中長期の安定的な収益基盤を築くことを計画しております。

この戦略を進めるにあたり、最も重要なのが、付加価値の高いエンジニアとなり得る人材の採用となります。採用の画で当社グループと競合となるのは、同業他社のみではなく、建設業界の全ての企業であるため、それらと比較し、応募者に選んでいただけるような「企業ブランディング」と、志向性や年齢とともに変化する家庭環境にあわせ、応募者自身の未来をフレキシブルに設計できるよう、「人事制度構築」や「働き先の創出」に取り組んでまいります。

プラント向け
エンジニア派遣の拡大、
人材開発機能の外販

プラント向けエンジニア派遣に関しては、建設向け派遣でのスキルを活かしプラント向けに展開が可能であり、今後さらに事業を拡大してまいります。なお、プラント企業で必要とされるスキル経験値は多岐にわたるため、大手企業に対しアライアンスを組む形での営業を強化し、熟練者と若手社員を組み合わせて派遣する営業手法等も活用します。これにより、プラント企業との継続的、安定的な取引拡大と、それを担う人材の育成を図ります。今後、東京・名古屋・大阪にプラント向け専門の支店を設置し、積極的に推進してまいります。

人材開発機能としては、新卒及び中途(未経験者)採用の規模拡大に伴い、東京・名古屋・大阪に設置している研修施設「監督のタネ」の講師数と講義回数を増やしこれに対応します。派遣先企業との関係が深まるのに伴い、企業ニーズに即した人材を派遣するため、紹介予定派遣に注力します。 当社グループで採用した人材を社内の人材開発部門で教育し、紹介予定派遣として継続的に人材を送り出すことにより、派遣先企業の採用人材開発機能の一部を担うことを目指してまいります。

※ 紹介予定派遣とは、就職を希望する人材と、採用を予定している企業とを引き合わせ、社員雇用を前提として行う人材派遣であります。

人材派遣事業における
新たな展開

① 人材育成事業

プラント企業への人材供給と同じコンセプトで、建設分野以外へも提携先企業の幅を広げ、採用教育派遣人材紹介を収益の柱とする人材ビジネス事業に取り組んでまいります。

② 高齢者等雇用活性化事業

IT等を活用し、女性や高齢者が活躍できる場の創出を目指します。結婚や出産で退職した女性人材や、定年を迎えるスキルを持ったシニア人材の受け皿として、働き続けたいと考える社員の未来を担保することを目指してまいります。

③ 海外人材育成派遣事業

主力である建設技術者派遣事業の分野で海外拠点を設けるとともに、拠点が定着した後、海外の豊富な人材を日本国内でも活用するよう取り組んでまいります。
以上の事業展開を組み合わせ、当社グループ全体で蓄積した採用教育派遣人材紹介のビジネスモデルを進化させることにより、ワンストップで顧客の様々なニーズに応えることができる人材ビジネス事業を目指してまいります。

買収・合併、業務提携、
新規事業の開拓

当社グループは今後、人材ビジネス事業及びその周辺事業等の事業拡大や新規事業分野の開拓のため、買収合併、新会社設立、業務提携等も重要な手段の一つとして位置づけ、積極的に活用していく方針であります。